父の髪を低温トリートメントドライヤーで乾かす私達

N私の父は30代の頃、ちょっと長い髪をしていました。
友達のお父さんたちはみんなきっちりと短い髪をしていたのに、何でうちのお父さんだけ長いのか不思議でしたが、父の職場が割と自由で髪型に関して何も言われなかったのだと、あとになって知りました。
父は毎日髪を洗っていましたが、その髪を乾かすのは私と妹の役割でした。
だからうちにはドライヤーが二台あり、父の両脇に陣取った私と妹はどっちが早く乾かすことができるのかいつも競争していました。
今思えば、髪くらい自分で乾かせばいいのにと呆れますが、当時は父が「ドライヤー競争するぞ」とまるで遊びに誘うように私たち姉妹をうまくコントロールしていたようです。
髪を乾かしている間、父はテレビを観たり、新聞を読んだり、風呂上りのビールを飲んだりして、どこかの王様みたいな感じでした。
髪を乾かすのはいつも私が妹より早く、負けるたびに妹は悔し泣きをしていましたが、父はそんなことで泣く妹のことをいつも笑って見ていました。
私たち姉妹は中学生くらいになった頃、父の髪が段々薄くなり、父は「ドライヤー競争するぞ」と言わなくなりました。
私たちも年頃になっていたので、ようやく解放されたと思って、内心ほっとしていました。
父の長髪はやがて普通のおじさんカットになり、毛量が減って、ちょっと寂しい状態になりました。
あの頃のふさふさだった髪がうそのようで、私たち親子の間でドライヤー大会の話題はいつの間にか出なくなりました。
去年父が他界しましたが、病気だった父の体はやせ細り、髪は坊主になっていました。
髪を洗うのが面倒だからと短くしたのだそうです。離れて暮らしていたから全くそんなことわかりませんでした。
父が坊主になっていたことで、ふと昔のドライヤー大会のことを思い出しました。
妹に覚えているかと尋ねると、妹は3歳くらいの時はドライヤーが重くて辛かったけれど、髪が段々乾いていくのがおもしろかったと言っていました。確かに、父の両脇に並びドライヤーで髪を乾かす私と妹はいつも大笑いしていたと、昨日のことのように思い出されます。
そんな思い出のドライヤーは低温トリートメントドライヤーというドライヤーで一般では販売されていない特殊なドライヤーでした。
でもそんなドライヤーはとても性能が良く思い出に残っているのです
低温トリートメントドライヤーの口コミ!使用後の効果や感想を掲載
このブログに低温トリートメントドライヤーの事を載せてあるので見てね!

ドライヤーの当て方

N853_sorawomiageruyukatanokoibito500-thumb-260xauto-1788私の髪はロングヘアーなので、お風呂上がりの髪を乾かすのは本当に大変です。以前はドライヤーをあてずに自然乾燥でいいや、とお風呂から出てもドライヤーをつかったりしませんでしたが、ある時見た雑誌に、自然乾燥は濡れた髪に雑菌がたまったりして嫌なにおいがしたり、髪が痛む原因になったりするらしく、良くないらしいと読んでからは、なるべくドライヤーを使って乾かしてから寝るようにしています。でも、夏は暑いし、時間がかかるのも嫌なので、早く乾かす方法を調べてみて、実践しています。そのやり方はというと、まずはお風呂から出たら、しっかりとタオルで拭くこと。まずは余分な水分をタオルでなるべく減らして、ドライヤーにかかる時間を減らします。次に、ドライヤーをかけるのですが、毛先ではなく根元から、髪を少しずつタオルで上げながら、根元の水分をとっていきます。でも、ドライヤーは近づけすぎず、同じ場所にかけすぎずにすることが大事です。また、タオルでゴシゴシしてしまうと、静電気で髪が痛む原因にもなるので気を付けます。そして、根元が乾いてきたら、最後に毛先に向かって、やさしく風をあてて乾かしてから、ブラシやくしで髪を綺麗に梳くとよい、とのことでした。これを実践しはじめてからは、かなり髪の調子が良くなったように思います。

髪に良いドライヤーの使い方

ドライヤーを使うときにはいろいろなことに気をつけています。
それはなぜかといいますと、髪の毛というのは熱にとても弱いため間違ったドライヤーの使い方をしていると、髪へのダメージが相当かかってしまうというのを美容師さんに聞いたからです。
ではドライヤーを使わないほうが良いのではないかと疑問を投げかけてみたところ、熱以上に濡れている状態のほうが髪のは良くないのだと教えてくださりました。キューティクルが開いている状態のため剥がれ落ちやすくなってしまうのだそうです。なのでドライヤーを使用して早急に乾かすのが良いということなのでしょうね。
どのようにドライヤーを使用するのかというと、常に20センチ以上離して当てるというのを基本としています。そして同じ場所へはなるべく短時間、2、3秒以上当てないようにドライヤーを揺らして乾かすようにすると、髪に熱が当たり過ぎないので良いなと思います。
初めは頭皮を乾かすようにして、それから髪の根元、中頃、毛先という3つのブロックに分けて乾かしていきます。
最後は冷風に切り替え、髪の毛全体の熱を冷やすようにして終了です。
少し面倒と思う時もありますが、傷んでしまったほうが対処に困ってしまうので大事なことだなと思って行っています。

2万円ほどのドライヤーを使用してみて

N853_syagamikomihohoemudanjyo500-thumb-260xauto-1789私の実家はずっと千円くらいのドライヤーを愛用していました。
私もそれをずっと使用していたので高価なドライヤーに興味もありませんでした。
しかし、20歳のころに付き合っていた彼氏が美意識が高く
当時2万円ほどするナノケアというドライヤーを使用していました。
たまに彼氏の家に泊まりに行った際に使わせてもらったのですが
ナノケアの成分のせいか髪の毛がすごくまとまるようになりました。
また、実家で使用していた安価なドライヤーよりも風力が強く
乾くのも驚くほど早くてびっくりしました笑
それからその彼氏の付き添いの元家電量販店へ行き
私もナノケアを購入しました。ナノケアには
掃除用のミニブラシもついており、割と楽にほこりの
掃除もできます。彼氏の使用していたナノケアは旧型で
ナノケア成分を別売りで購入しなくてはいけないのが少々
めんどくさかったですが、今のものは別売りを買わなくても
ナノケアが出続ける仕様になっています。
安価なドライヤーに比べると大きさが倍くらいになって
収納に少し苦労しましたが、そのほかにメリットが多いので
今でもすごく気に入って使用しています。
買ってから8年くらい経ちますがまだ壊れずに
使えているし、少し高くてもいいものを買うと
いいなと思いました。