ドライヤーの当て方

N853_sorawomiageruyukatanokoibito500-thumb-260xauto-1788私の髪はロングヘアーなので、お風呂上がりの髪を乾かすのは本当に大変です。以前はドライヤーをあてずに自然乾燥でいいや、とお風呂から出てもドライヤーをつかったりしませんでしたが、ある時見た雑誌に、自然乾燥は濡れた髪に雑菌がたまったりして嫌なにおいがしたり、髪が痛む原因になったりするらしく、良くないらしいと読んでからは、なるべくドライヤーを使って乾かしてから寝るようにしています。でも、夏は暑いし、時間がかかるのも嫌なので、早く乾かす方法を調べてみて、実践しています。そのやり方はというと、まずはお風呂から出たら、しっかりとタオルで拭くこと。まずは余分な水分をタオルでなるべく減らして、ドライヤーにかかる時間を減らします。次に、ドライヤーをかけるのですが、毛先ではなく根元から、髪を少しずつタオルで上げながら、根元の水分をとっていきます。でも、ドライヤーは近づけすぎず、同じ場所にかけすぎずにすることが大事です。また、タオルでゴシゴシしてしまうと、静電気で髪が痛む原因にもなるので気を付けます。そして、根元が乾いてきたら、最後に毛先に向かって、やさしく風をあてて乾かしてから、ブラシやくしで髪を綺麗に梳くとよい、とのことでした。これを実践しはじめてからは、かなり髪の調子が良くなったように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です